気をつけて!危険な外来生物

東京都環境局

東京都環境局自然環境部が運営する特定外来生物に関する学習サイト

▶ HOME▶ サイトマップ
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • LINEで送る

危険な外来生物

イエイトグモ

【国内における確認状況】
  • ・国内で見つかったことはない。
【生態:生息地など】
  • ・主に乾燥した場所に見られる。
  • ・主に夜行性で、昆虫やその他の節足動物を捕食する。
【形態:大きさや特徴】
  • ・雌で12mm(最大15mm)であり、雄は通常雌より小さい(体長とは、頭部の先から腹部の先までの長さであり、足の長さは含まない)。
  • ・背甲は薄黄色から赤褐色であり、バイオリンの形をした模様がある。
  • ・3対(6個)の目が背甲の前縁にU字型に並んでいる。
【原産地】
  • ・原産地はチリ、ペルー、エクアドル等南アメリカ西部。
※画像はクリックで拡大します。
イエイトグモ
健康被害の具体例
  • 咬まれたときに一過性の刺すような痛みがある。
  • 初期段階(剌咬後0 ~2 時間)::顕著でない水疱すいほう形成、他の咬傷こうしょうに似ることが多い。周囲に異常な浮腫ふしゅ紅斑こうはんがほとんど診断できない程度に出現する。小型の水疱が形成される場合がある。
  • 虚血段階(2~6 時間後):最初の診断できる症状として咬傷部位の周囲に虚血域きょけついきがみられる。明らかに毒の作用である。中等度あるいは激しい痛みが始まる。
  • チアノーゼ段階(5~12 時間後)虚血部きょけつぶは徐々に赤から青黒くなる。血管収縮の拡大と局所組織の酸素欠乏が伴う。この段階の初期には病変びょうへんは咬傷部位の著しい酸素欠乏の進行拡大により無感覚になっている。刺咬部位の周囲に出血や紅斑を生ずる。全体に浮腫性となり、四肢の場合はしばしばリンパ管炎を起こす。
  • 組織破壊段階(12 時間以上):組織の酸素欠乏から局所組織の破壊と壊疽えそが進行する。 一般にこの段階では、 病変部は無感覚である。25 % の患者に、24 ~48 時間のうちに全身症状が現れる。 中等度の発熱、 嘔気おうき、 不快感、重症の場合は嘔吐、 関節痛、 せんもう、 ショック、昏睡になり、 全身に麻疹様瘙痒性ましんようそうようせい、 あるいは出血性皮疹しゅっけつせいひしんが出現する。 小児はしばしば重症になりやすい。全身症状を伴う場合は、2 ~3 時間から数日のあいだに溶血が起こる。 そのために血尿、 へモグロビン血症、血小板減少症、黄疸、ネフローゼ、または白血球増加症はっけっきゅうぞうかしょう、タンパク尿もみられる。
    ブラジルのサンタカタリーナ州では1985年~1995年の間に、イエイトグモ及びL.intermediaによる刺咬症267例が報告され、そのうち4例で死亡が報告されている。
被害を受けた場合の対処法

医療機関を受診

特徴・間違いやすい類似種との識別点
【イエイトグモの特徴】
イエイトグモの特徴
【間違いやすい類似種との識別点】
間違えやすい類似種との識別点
イトグモ類(Loxosceles)は形態的に酷似しており、背甲の模様パターンや体色に違いが認められるものの、種の判別には生殖器や触肢の形態から判別する必要がある。
【類似種の特徴】
類似種(イトグモ(<i>Loxosceles rufescens</i>)
イトグモ(Loxosceles rufescens
間違えやすい類似種との識別点(1)
イトグモ科と類似の特徴を持つ種(1)ヤマシログモ科
間違えやすい類似種との識別点(2)
イトグモ科と類似の特徴を持つ種(2)ヒメグモ科(写真はホクオウヒメグモ)
駆除方法
  • ・ピレスロイド系の家庭用殺虫剤散布。
  • ・人家内ではナフタリンを家具の隙間やなかに入れておくと効果的である。
  • ・米国では室内に定着しているイトグモ類の駆除に粘着性のトラップが商品化されている。

危険な外来生物(東京都内で見つかったことがあるもの)5種類

セアカゴケグモセアカゴケグモ
ハイイロゴケグモハイイロゴケグモ
カミツキガメカミツキガメ
アカカミアリアカカミアリ
ヒアリヒアリ

危険な外来生物(東京都内で見つかったことがないもの)11種類

カナダガンカナダガン
タイワンハブタイワンハブ
キョクトウサソリの全種キョクトウサソリの全種
ジョウゴグモ科アトラクス属の全種ジョウゴグモ科
アトラクス属の全種
ジョウゴグモ科ハドロニュケ属の全種ジョウゴグモ科
ハドロニュケ属の全種
ドクイトグモドクイトグモ
イエイトグモイエイトグモ
ブラジルイトグモブラジルイトグモ
クロゴケグモクロゴケグモ
ジュウサンボシゴケグモジュウサンボシゴケグモ
コカミアリコカミアリ
外来生物について へ戻る
ページのトップへ戻る